火曜日, 4月 23, 2024
ホームスポーツミニ事典スポーツ用語集ストレングストレーナーとは

ストレングストレーナーとは

ストレングスコーチと言われるケースもあります。主に筋力筋持久力、スピード、バランス、コーディネーションそしてパワーなど、筋機能における体力要素に不可欠なフィジカル面の能力向上に寄与する専門家です。
ただ身体が大きい、パワーが発揮できるというわけではなく、適したタイミングで適した能力を発揮することができるようにすることが目的です。

ストレングストレーナーの仕事

ストレングストレーナーは特に体力的側面、フィジカル面の専門家であるため、トレーニングだけでなく様々な対応、知識が必要となってきます。第一に選手のパフォーマンスの向上が大きな目的となります。選手が最高のパフォーマンスを発揮できるようにトレーニングのプログラムを構築するのはもちろん、選手が必要としている能力に合わせたトレーニングを提案する必要もあります。


次に傷害予防のためのプログラムの構築が挙げられます。これは選手が怪我をしないためのトレーニングの構築や、パワーの向上だけでなく骨や靭帯などの組織の強化も実施し、怪我をしにくい身体を作り上げます。また、ドーピングに関する教育を担うケースもあります。最近ではメンタル面のサポートも求められるケースもあります。

ストレングストレーナーになるには

ストレングストレーナーは特に資格が必須という仕事では有りませんが、他のトレーナーよりも幅広く、他分野の知識・知見も必要となってきます。特に業界で高いレベルでの活動を望んでいる場合は関連するような資格の取得がおすすめです。
National Strength & Conditioning AsociationやNational Strength Professionals Associationなどが有名ですが、国内であれば日本トレーニング指導者協会認定のトレーナー資格などが有名です。

ストレングストレーナーはプロチームや個々のアスリートに対してパーソナル契約で活躍している方が多いですが、最近では病院やクリニック、大学や高校などの教育機関で活躍している人も多くいます。

【参考】

NSCAジャパン(https://www.nsca-japan.or.jp/

JATI(https://jati.jp/)

関連記事

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

同じタグがついている記事

同じカテゴリーの記事

解像度とは

人気記事