火曜日, 4月 23, 2024

理学療法士とは

理学療法士とは

身体の動きや機能の能力回復を目的として行う運動療法と物理療法(電気刺激や温熱などの物理的手法)をあわせた総称を理学療法と言います。
病気や怪我が原因で形態障害や機能障害に対して、筋力アップや関節の可動域向上など、身体の機能改善を目的とした運動療法と、疼痛や循環障害の改善を目的とした温熱や冷却、電気や赤外線、マッサージを用いた物理療法があります。

理学療法士とは

理学療法士は、病気などで身体に障がいのある人、障がいや怪我が予測される人に対して、身体機能の回復や維持、障がいの進行予防のために、理学療法を用いて、日常生活が送れるよう支援する目的を持ったリハビリテーションの専門家です。

理学療法士の仕事

最初に説明したように機能回復や能力障害が残った際に、基本的動作の支援方法や日常生活における活動の改善をするための指導助言を行ったり、社会生活の中でのハンディキャップを補うための施策を考案したり、セルフケア指導を行うことや、生活習慣病の予防とコントロールなども理学療法の対象になっています。

スポーツの現場での理学療法士

近年ではスポーツの現場での活躍も多く見られます。トレーナー的なポジションや、リハビリテーション、トレーニングのプログラムの立案、測定などマルチにこなす場合が多いです。
 また、障がい者スポーツの分野においては、特に本来の理学療法的施術が有効的な部分もあり、障がい者スポーツトレーナーとして活躍している方も多く、パラリンピックなどでも重要なポジションとなっています。

理学療法士になるには

理学療法士は国家資格であり、免許の取得が必要になります。免許取得のためには専門学校や専門課程のある大学において、専門領域位の取得.そしてその後国家試験への合格が必要となります。
理学療法士免許を取得した後は、主に病院、クリニック、介護保険関連施設等で働くケースが多く、最近ではスポーツ現場においてトレーナーとして働くケースもあります。近年は、高齢者の介護、フレイル予防や生活習慣病への指導だけでなく産業分野など活躍の場が広がっています。

【参考】
日本理学療法士協会 

https://www.japanpt.or.jp/about_pt/aim/

関連記事

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

同じタグがついている記事

同じカテゴリーの記事

人気記事