日曜日, 5月 19, 2024

ISO感度とは

ISO感度とは、デジタルカメラの場合には、デジタルカメラが光をどれだけ集められるかを表した値になります。(アナログカメラの場合には、フィルムによって決まっています。)
ISO感度をあげるということは、より明るい写真や映像を撮るということになります。
ISO感度を2倍にすると、カメラが集める光の量が半分でも、同じ明るさの映像が撮影できます。

ISO感度は、露出に関する要素の一つで、露出を決める要素には次の3つがあります。

シャッタースピード
絞り値F値
ISO感度

これらの値は、相互に影響します。同じ絞りの値であれば、ISO感度を倍にすれば、シャッタースピードを倍にしても同じ明るさの写真や映像を撮影することができます。
自分の撮影したい写真や映像に応じて、適切に設定しましょう。(最近はすべてオートで設定してくれる機能がついているカメラがほとんどですが、マニュアルで設定すると、より自分の好みに合ったものが撮影できるかもしれません。)

関連記事

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

同じタグがついている記事

同じカテゴリーの記事

遅筋とは

審判員とは

筋持久力とは

人気記事