火曜日, 4月 23, 2024

絞り値(F値)とは

カメラの絞り値とは、F1.4、F2、F2.8、F4、F5.6、F8、F11、F16、F22、F32のように、F+数値で表され、F値ともいわれます。

絞り値を変えると、ピントが合う範囲が変わります。絞り値を大きくすると、ピントが合う範囲が広がり、絞り値を小さくすると、ピントが合う範囲が狭くなります。ピントを合わせた位置に対して、ピントが合っているように見える範囲を被写界深度と呼びます。

また、絞り値は露出に関する要素の一つでもあり、露出を決める要素には次の3つがあります。

シャッタースピード
絞り値F値
ISO感度

絞り値を変えると、カメラの絞りの開き具合が変わり、レンズを通る光の量が変わります。絞り値を大きくすると、絞りが絞られてレンズを通る光が少なくなり、絞り値を小さくすると、絞りが開かれてレンズを通る光が多くなります。
絞り値を変えた場合には、シャッタースピードISO感度も変える必要があります。

関連記事

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

同じタグがついている記事

同じカテゴリーの記事

GI値とは

人気記事