日曜日, 5月 19, 2024
ホームスポーツ基礎知識コンディショニング水溶性ビタミンと脂溶性ビタミン

水溶性ビタミンと脂溶性ビタミン

五大栄養素であるビタミンは、現在13種類のビタミンが確認されています。

そのビタミンは水に溶けやすい「水溶性ビタミン」と、油に溶けやすい「脂溶性ビタミン」があります。

水溶性ビタミン

ビタミンB1、B2、B6、B12
葉酸、ビオチン、ナイアシン、パントテン酸
ビタミンC

水に溶けやすく、熱に弱いという特徴があります。効率よく摂取したい場合は非加熱調理や、スープにして水分まで摂るといった方法があります。

脂溶性ビタミン

ビタミンA、D、E、K


油に溶けやすいので、例えば炒め物など油で調理すると効率よく摂取できます。

このように、摂取するビタミンの種類によって調理方法を工夫するとよいでしょう。
また、ビタミンの摂取には注意すべき点もあります。こちらも見てみてください。

関連記事

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

同じタグがついている記事

同じカテゴリーの記事

人気記事