日曜日, 5月 19, 2024
ホームスポーツ基礎知識コンディショニングコンディショニングを考えよう

コンディショニングを考えよう

スポーツにおいて、大会や試合で勝利する、さらには記録を出すためには、「いかにベストパフォーマンスを発揮できるか」ということが重要です。ベストパフォーマンスを発揮するというと、ついついトレーニングに目が行きがちではないでしょうか?

しかし、日々のトレーニングで、基礎的な能力が向上したとしても、その能力を大会や試合で十分に発揮できなければ意味がありません。疲労が蓄積していれば、動きが鈍くなり、本来の力を発揮できないということもあるでしょう。さらに、最悪の場合、怪我や事故を起こしてしまうこともあり得ます。

また、趣味や健康維持の目的で運動をする場合でも、「楽しく」、「安全に」行うことが大切です。そのためには、ケガをしないという事が重要になりますが、この場合も疲労の蓄積がケガを招くことにつながりかねません。

そこで、自分の体調(コンディション)を良好にし、良い状態を維持する(コンディションを整える)=「コンディショニング」が重要になってきます。コンディションを整えることで良い成績を挙げやすくなり、事故や怪我の予防にも繋がります。

コンディショニングにおいて、「自分の身体を知ること」こそが最も重要と言えます。自分のコンディションが今どの状態にあるのかを知らないことには、何かを実施しても、その効果がプラスに働いたのか、マイナスに働いたのかがわかりません。

さまざまな方法で、コンディションを把握して、気付いたり意識したりすることが重要になりますので、今後の記事で、具体的な例や方法について解説していきたいと思います。

関連記事

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

同じタグがついている記事

同じカテゴリーの記事

人気記事