日曜日, 7月 14, 2024

コラーゲンとは

コラーゲンは、構造たんぱく質に分類されるたんぱく質です。人体のたんぱく質全体の約30%を占め、骨や歯、皮膚、軟骨など結合組織を作るのに重要な役割を果たします。

コラーゲンのもとになるアミノ酸の生成にはビタミンCが関与しており、コラーゲンの合成に欠かせないビタミンです。

関連記事

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

同じタグがついている記事

同じカテゴリーの記事

骨格筋とは

平衡性とは

人気記事