水曜日, 11月 29, 2023
ホームスポーツ基礎知識スポーツとキャリア意外と多い?スポーツに関わる仕事

意外と多い?スポーツに関わる仕事

スポーツに関わる人というと、選手以外にコーチ、監督などを最初に思い浮かべるのではないでしょうか?

実際、プロアマ問わず、必ずスポーツの現場にいると言えるでしょうし、小さな地域のチームなどでは、それ以外のスタッフがいないことも多いでしょう。
では、それだけですべてのスポーツの現場が成り立っているのでしょうか?
プロチームや代表選手のサポートでは、我々が思っている以上に様々な仕事をする人が関わっています。

実際に競技の現場で選手をサポートするスタッフ

ヘッドコーチ

・アシスタントコーチ

理学療法士、コンディショニングスタッフ

トレーナー

・メディカルスタッフ(医師もしくは看護師

スポーツ栄養士

・アナリスト

競技や規模、レベルによって状況は様々ですが、スタッフには専門性が要求されます。中には業務に従事するために資格を必要とする場合もあります。

競技に臨む前後で選手をサポートするスタッフ

スポーツの現場というと、先に述べた現場で直接選手をサポートするスタッフを思い浮かべがちですが、実は後方支援として働く人たちもいます。例を挙げてみましょう。

各種競技用具エンジニア

マネジメントスタッフ

情報戦略系スタッフ

一般的にあまり聞きなれない、思い浮かべづらいスタッフかもしれません。ですが、レベルが上がれば上がるほど、後方支援スタッフの重要性が増すといえます。

チームで勝つ

様々なスタッフがいるというお話をしましたが、状況の差はあれど、これはチーム競技、個人競技どちらにも言えることです。そして、様々なスタッフがチームとして一丸となって競技に臨むことで、より勝利の確率が上がると言えるでしょう。
チーム一丸となるにあたって、スタッフ間での連携は大きな課題となることもあるようです。単に仲が良いという話ではなく、「勝つための連携」が重要になります。

スポーツに関わる仕事が思っていた以上にあったでしょうか?個別の職業の内容については、それぞれの解説記事を読んでいただけたらと思います。
株式会社スポーツセンシングが提供するアスリートサポート事業”Athlity”のnoteでも、スタッフ間連携に関する記事もありますので、そちらも参考にしてみてください。

関連記事

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

同じタグがついている記事

同じカテゴリーの記事

人気記事