火曜日, 4月 23, 2024

ビタミンの過剰摂取について

しっかり摂取するよう言われることが多いビタミンですが、摂取にあたっては注意することもあります。水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンで違ってきます。

水溶性ビタミン

水溶性ビタミンはたくさん摂っても尿から排出されるので、過剰症についてはあまり心配ありません。

脂溶性ビタミン

脂溶性ビタミンは水溶性ビタミンに比べて体内に蓄積されやすく、摂りすぎによるリスクがありますので注意しましょう。

ビタミンA】胎児の発生異常、関節痛、頭蓋骨内圧亢進

ビタミンD】高カルシウム血症、腎障害

ビタミンE】出血リスク、過剰症はまれ

ビタミンK】血液を凝固する効果があるので、ワルファリン(抗凝血剤)服用時は控える

食生活のみで過剰症を引き起こす心配はほとんどありません。

ただし、普段からビタミン剤を飲んでいるという方は注意し、目安量を守ることが大切です。

関連記事

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

同じタグがついている記事

同じカテゴリーの記事

人気記事