火曜日, 4月 23, 2024

サプリメントでドーピング?

普段からドーピングに気をつけていても、意図せずルール違反を行なってしまう場合があります。その原因の一つにあるのが「サプリメント」。今回は、サプリメントとドーピングの関連性について考えていきます。

ドーピングとは?

ドーピングについて、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)ではこのように定義されています。

“ドーピングとは「スポーツにおいて禁止されている物質や方法によって競技能力を高め、意図的に自分だけが優位に立ち、勝利を得ようとする行為」のことです。禁止薬物を意図的に使用することだけをドーピングと呼びがちですが、それだけではありません。意図的であるかどうかに関わらず、ルールに反する様々な競技能力を高める「方法」や、それらの行為を「隠すこと」も含めて、ドーピングと呼びます。”
出典:日本アンチ・ドーピング機構(JADA)(https://www.playtruejapan.org/about/)

うっかりドーピングが問題に?

ドーピングにおける代表的な禁止物質といえば、「ホルモン剤」「筋肉増強剤」「ステロイド」などなど…
しかし、市販薬やサプリメント・食品にもドーピングとなる禁止物質が含まれている可能性があります。

サプリメント

必要な栄養素を補う目的でサプリメントを利用している選手もいますが、身近になった分、過剰摂取や知識不足によるうっかりドーピングを引き起こす事例が増えています。

サプリメントや栄養ドリンクは医薬品ではなく、法律上は「食品」に分類されます。「食品」には原材料の全てを記載する義務がないため、意図せず禁止物質を摂取してしまうというケースもあります。
アンチ・ドーピング認証を受けているサプリメントもありますが、そのようなリスクがあるということも知っておいてください。

オーガニック食品や漢方薬

オーガニック食品や漢方薬は、主成分がわかっていたとしても、含まれるすべての成分が明らかになるわけではないようです。栽培方法や収穫時期などで含有成分が変わるともいわれており、安全性が見込まれていたとしても、禁止物質を含まないと保証するのは難しいでしょう。

違反が疑われた場合

違反が疑われた場合でも、すぐにルール違反となるわけではありません。違反が疑われた場合はまず、世界アンチ・ドーピング規定に則って「違反の有無」や「違反だった場合の資格停止を受ける期間」などが公平な環境で判断されます。

フェアであるために

ドーピングは、不注意によるミスであっても制裁の対象となります。どんなサプリメントを摂取するのか、また、本当に摂取する必要があるのか?選手自身が自己責任で判断しなければなりません。
ドーピングのリスクを最小限にするためにも、成分不明なものや安全性が担保されていないサプリメントは使用しないほうがよいでしょう。

意図せずルール違反となった場合に備えて、原因究明のためにサプリメントの一部を保管する・ロットを控えておくことをおすすめしています。

参照:アンチ・ドーピングとサプリメント(https://www.playtruejapan.org/code/rule/supplement.html

参照:意図しないドーピング(うっかりドーピング)を防止しよう 一般・選手向けページ(https://www.toyaku.or.jp/health/usemedicine/nodoping_athlete.html

関連記事

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

同じタグがついている記事

同じカテゴリーの記事

人気記事